北千住で話題沸騰中の「デリコッペ」ゲストに喜ばれるうれしい差し入れコッペパン

下町の良さを残しながらも再開発で注目を集めている街、北千住。

北千住駅の商店街を進むと、思わず目を止めてしまうほどおしゃれな外観のパン屋さんがありました。
ディスプレイ越しには見たことのない珍しいコッペパンやサンドイッチが並んでおり、おいしそうな焼き立てパンの甘い香りも漂っています。

今回の記事では北千住で話題沸騰中の手のひらサイズのコッペパン「デリコッペ」のおいしさと人気の秘密を代表に直接インタビュー。おもわず会話が弾む、デリコッペならではの工夫も語ってくれました。そして、会社の休憩時間にパンを差し入れをしたリアルな様子もレポート。同僚たちは喜んでくれるのでしょうか?

🥖ロケや撮影現場の朝食デリバリーを探している方
🥖パクッと食べられる差し入れでゲストに喜んでもらいたい方
のお役に立てる記事となっています。

「洋食を手軽に食べてほしい」想いから生まれたデリコッペ。子どもから大人まで楽しめるお店を目指して

画像

北千住で話題沸騰中のパン屋さんデリコッペは、東京下町・北千住を中心にイタリアンやビストロ、ワイン酒場を運営する「2538(にこみや)グループ」が運営するパン屋さんです。

代表の富井(とみい)さんにコッペパンのお店をオープンされた想いを伺ったところ、地域密着店舗ならではの答えが返ってきました。

「ビストロやワイン酒場のお客様は若い方やお酒が好きな方が中心なので、子どもや年配の方、お酒を飲まれない方にも気軽に専門店の洋食を食べてほしいと思ったんです。シンプルなパンだったら食材のカスタマイズやアレンジが自由にできるので、幅広い年齢層の方に喜んでもらえると思いコッペパン屋をオープンしました」


デリコッペの商品ラインアップは、キャラメルナッツやカスタードなどのスイーツ系から、エビフライやローストポーク、ビストロ厚焼き卵などの洋食メニューが勢揃いしています。

まるでレストランに来たような気持ちになれるワクワクする商品展開が印象的でした。

すべてのパンに洋食のエッセンスを。ストーリーがサンドされた「誰かに話したくなる」コッペパン

画像
写真は看板メニューの『ビストロパリパリ海老マヨふりゃーコッペ〜自家製海老マヨソース別添え〜』テイクアウト価格:454円

「デリコッペのすべてのメニューには洋食の要素が入っています」代表の富井さんが語ります。

テリコッペのショーケースに並ぶのは、たまごの中にチーズが入った『たっぷりチーズとビストロ厚焼きたまごサンドオムレツ仕立て』や、洋食の技術を使って仕上げた『低温調理でつくる厚切りローストポークコッペ』。

アリゴと呼ばれるマッシュポテトとチーズを合わせたコロッケを使用した『マッシュポテトとチーズのアリゴ風ビストロコロッペ〜赤ワイン入りオリジナルソース別添え〜』。など洋食専門店ならではのラインアップが勢揃いしています。

おいしい!楽しい!をたくさんの人に広げていきたい

富井さんは「僕らなりに考えるおいしい、楽しいを届けていくことを2538グループ全体で大切にしています」と語っています。

おいしいものを食べて気持ちが高ぶったり、良い接客を受けて心が温まったりするのも良い体験です。そんな自分たちが感じて楽しいと思ったものをものをお客様に届けることで喜んでいただくことを大切にされているそうです。

食材にもこだわり、パンは全粒粉を使いオーダーメイドで作っているんだとか。



お客様と一緒に作っていくデリコッペ。ディズニーランドみたいなパン屋さんを目指して!

画像


お客様の声を一番大切にされている富井さん。対面販売で接客するときや配達に行ったときなど常にお客様とのコミュニケーションを大切にしています。お客様からいただいたご意見は積極的に取り入れているのだとか。

例えば、コッペパンの梱包。昔はおしゃれなペーパーワックスに包んで提供していましたが、お客様から「中身が見えないのはもったいないよね」とお声をいただいたので、コッペパン専用の透明の容器に変更しました。

デリコッペのパンは高さがあるので、形を壊さずにパンが入る容器がなかなか見つからず試行錯誤した結果、おにぎりを入れる透明のパッケージに落ち着いたそうです。

またパンのソースもお客様の意見が反映されています。
お客様からの「おいしかったけど時間が経つとソースがべちゃっとなってもったいない」とお声を参考にソースは別添えに変更されました。

「ディズニーランドが完成しないのと同じで、デリコッペもお客様のお声を元に日々アップデートしていますね。下町で地域密着でやっているのでお客様との繋がりを大切にしています」と富井さんがおっしゃっていたのが印象的でした。

差し入れに最適!ストーリーあふれるパンは最高のコミュニケーションツール

画像

今回は、富井社長おすすめ商品をテイクアウトしました。
左から、ビストロ厚焼きたまごサンドオムレツ仕立てセット、厚切りローストポークコッペ432円(税込)、ビストロパリパリ海老マヨふりゃーコッペ454円(税込)、国産鶏むね肉の自家製スモークチキンとやわらかゴボウのコッペ389円(税込)、北海道産あかね大納言のあんバター&生クリームコッペ356円(税込)の人気の5品です。

会話が弾む!自然と笑顔になるデリコッペを囲んで雑談タイム

画像

サプライズで、差し入れを持って行きました。

「わー!おいしそう」
「ねえねえどれにする?」

大好評のデリコッペ。透明の容器に入っているので目で見ても楽しめるのが特徴的です。インパクトのあるパンは「え、これなにが入っているの?」など会話が弾みました。

中でも盛り上がったのは、国産鶏むね肉の自家製スモークチキンとやわらかゴボウのコッペ。

画像

「なにこれ、新しい!」と良いリアクションが飛んできます。

試食したスタッフからは「食べるまでゴボウと気付きませんでした」という声も。

食事系からスイーツ系まであるのでロケや会社、友人のあつまりなどいろいろなシーンの差し入れとしても利用できるのがうれしいですね。

見た目だけじゃなく味も保証済み!自慢の手土産デリコッペ

試食した商品:海老フライ
試食した商品:海老フライ

試食した商品:ビストロパリパリ海老マヨふりゃーコッペ

新感覚のエビフライコッペパン。
衣の上に、巻いてある糸のようなものがパリパリして楽しい食感が印象的です。

ポテサラとエビフライにケチャップ味のソースがいい感じに絡みあって、別の種類もぜひ食べたくなるおいしさでした。

試食した商品:厚切りローストポークコッペ


コッペパンにおさまりきらないほどの分厚いローストポークが魅力的でした。
そこに少し酸味のあるキャロットラペと紫キャベツが相まって食感も良いですね。

ハニーマスタードソースがアクセントになって印象的でした。コッペパンはもちもちしていて、パンだけでも食べたいくらいのおいしさ。ほかのメニューも気になります。

試食した商品:ローストポーク
試食した商品:ローストポーク
試食した商品:あんバター&生クリーム
試食した商品:あんバター&生クリーム

試食した商品:北海道産あかね大納言のあんバター&生クリームコッペ

見た目もゴージャスなスイーツコッペパン。あんこ&生クリーム&バターの幸せトリオがコッペパンに挟まれてしまいました。

ゲランド塩がほんのり効いてあん本来の旨みを引き出して優しい味わいですね。

想像よりも甘さ控えめなのでパクっと食べられました。隠し味に洋酒が入っているので大人の味わい。3時のおやつに最適なチョイスだと思います。
ご馳走さまでした。

種類が豊富なので時間帯や食べるシチュエーションに合わせて選ぶ楽しさもありますね。インパクトのあるパンも多いので記憶に残ること間違いなし。ゲストに喜んでもらいたい幹事さん必見ですよ。


デリコッペのご予約・ご注文はこちら

画像

デリコッペでは、北千住で店頭販売はもちろん、ロケや撮影現場、オフィスやホームパーティーへのデリバリーも承っております。早朝の配達も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

店名:ニコミヤキッチン デリコッペ(2538kitchen DELIcoupe)
住所:東京都足立区千住4-19-16
営業時間:11:00〜21:00 (売り切れ次第終了)
定休日:無
電話番号:03-3870-5600
SNS:https://www.instagram.com/deli_coupe/